キャッシングの金利を低くする方法とは | 【今大人気】お金を安く借りるキャッシング方法を徹底検証

キャッシングの金利を低くする方法とは

お金を借りた場合、返済する時には金利を上乗せした金額を返済するのは誰でも知っている事です。
お金を貸してくれる「銀行」「信販会社」「消費者金融」などは、営利を目的とした会社なのですから金利を取るのは当たり前です。

 

そうは言っても利用する私達は、少しでも少なく返金したいと考えるのは当たり前です。利息制限法が実行される以前は年30%近い金利返済していましたが、設けられてからは高額でも年間18%位と低く定められていますので、とっても良くなったと思います。

 

現在のキャッシングローンの金利幅は4%位から18%位の範囲に決められていて、利用金額により各会社が一人一人に設定しています。利用限度額は申込み本人の信用度によって左右されます。
総量制限により収入の1/3までと決められていますので、『年収がどれくらいあるのか?』『どういった仕事をしているのか?』『クレジットの利用状況はどうなのか?』いろいろ見られ与信金額としてクレジットカードの契約内容が決まります。

 

カードキャッシングの場合利用できる額が10万円〜800万円(各会社で金額は異なります)と広い幅があります。
そうしてその間の中で利用額が定められその金額により金利も決まってくるのです。
50万円までなら18%、300万円までなら12%、800万円までなら年率4%といった数値になるのです。

 

要するに信用が上がれば、与信限度額も多くなり、金利も低くなります。

 

 

ちょっと待って下さい・・・。
このことに違和感を覚えるのは自分だけでしょうか?

 

 

余談となりますが、

金融会社にとって、これらは無論問題がない事なのでしょうが、年の収入の高い人がお金の借入れが不可欠と思えませんし、仮にキャッシングした時でも利率が高くてもお金を返済する事に苦労する事はないです。
むしろ収入少ない人は直ぐにお金が必要なので借り入れを行うという方がいて、金利が高いと支払いに苦しむはずです。

 

ですので利用可能幅の小さい人こそ低利息で使用できるようにするべきなのではないでしょうか・・・。

これは利用する自分が置かれている立場としての意見となります。

 

これらの事を考えると、金利を低くする為にはどうすれば良いのかおぼろげながら気付いた方もいるかもしれません。

 

 

実際、これから述べる方法で、申し込む人がほとんどなので必ず覚えておいて下さい。

 

教えますと、
キャッシングの申し込みをする際に、収入の1/3ぎりぎりの金額まで申込みを行うのです。
年収300万円なら100万円でそのキャッシング審査で全金額通ればその分だけ金利が低いキャッシングカードを手にすることができます。だからと言って全額利用しなければならないわけでもないのです。15万円でも20万円でも必要な額だけ使用できます。

 

また利用限度範囲が500万円で最低利息年間5%位のクレジットカード会社も有りますので、そちらを手続きを申し込めばその業者の最低利率で返済できます。

 

 

どう思ですか?
考え方次第で低利息のカードローンを手にすることが出来るはずです。
自分の一年の収入とカード業者の利息を並べて、検討すれば良い状態でお金の借入れができるはずです。