キャッシング審査が前向きな会社でも、無暗に審査依頼は危険 | 【今大人気】お金を安く借りるキャッシング方法を徹底検証

キャッシング審査が前向きな会社でも、無暗に審査依頼は危険

多種多様にあるキャッシングの手続きの観点から検証してみると、その審査もまた多様にあるということが言えます。

 

キャッシングと口々にいっても、金融機関系のものであったり銀行系のものであったり、さらに信販会社系のものなどあり様々です。それらのキャッシング業者を見た時、間違いなく、審査基準が前向きな会社、厳しい会社があります。

 

一度にお金を借りる業者の数は、3社が基準と言われています。お金の借入れ件数が3社以内で、お金の借入れ金額が収入の3分の1より少なければ、審査が厳しいと言われている金融機関系でも審査に通過する可能性は高いです。金融機関系は、他のキャッシング会社より利息を低く設定していますので、お金を借りるならば金融機関系がよいでしょう。
お金の借り入れる業者の件数が4件を上回っている場合は、銀行系は難しくなります。但し、2006年の貸金業規制法や出資法等の法の改正により、利息の上限が引き下げられ、銀行では審査が通りづらくなってきているようです。銀行は、キャッシングの手続きに対して慎重になっているのです。

 

また審査基準が前向きな会社でも、無暗に申込みはしない方が良いでしょう!
何故なら、その審査基準が前向きなキャッシング会社に申込みをして、万が一審査に通過しなかった場合は、その審査情報は信用情報機関に保管されるのです。

 

信用情報機関とは、申込みがあった人の個人情報や以前のキャッシング利用履歴などを情報を管理している機関です。この信用情報機関は、どのキャッシング業者からも共有して見る事ができるのであなたの申込み結果などもリアルタイムに見ることができるのです。
信用情報機関に保管される期間は3ヶ月〜6ヶ月です。その期間、個人信用情報機関のあなたの個人情報に審査が通らなかった事が登録されているのです。
審査が通らなかったので、他のキャッシング業者の審査が通らない訳ではないのですが、その情報を閲覧するキャッシング会社の手続きには、間違いなく多かれ少なかれ影響があるはずです。
割と通過しやすいといわれる手続きをする会社でも、個人信用情報機関に個人記録が登録されるいることにより借りられなくなる場合も発生する可能性がでてくるのです。