キャッシングするとクレジットカードの利用の影響範囲は? | 【今大人気】お金を安く借りるキャッシング方法を徹底検証

キャッシングするとクレジットカードの利用の影響範囲は?

キャッシングをすると、既に持っているクレジットカードの利用に影響があるのか不安に思った方もいるかと思いますので、ここではキャッシングがクレジットカードの利用に及ぼす影響をご紹介したいと思います。

 

まず、クレジットカードとは、大きなお金を持つ必要なく買い物ができる事やショッピングの支払いに利用するだけでポイントが付くなどのメリットがあり、現代社会の必須アイテムとなりつつあります。
今では、クレジットカードは大学生でも1枚は持っているという状況になりつつあるようです。

 

クレジットカードは、ショッピング機能以外にもキャッシング機能もありお金に困った際、クレジットカードでお金を借りている方も多くいるようです。

 

では、新たにキャッシング業者に融資申し込みをして、キャッシングを行った場合や、クレジットカードについているキャッシング機能を利用した場合、既に持っているクレジットカード利用そのものには、何かしらの影響がでるのでしょうか?

 

 

これは、使うクレジットカードの機能が「ショッピング枠」なのか、「キャッシング枠」なのか?で、多少事情が違っています

ショッピング枠について

よほど支払いを滞らせるようなことをしない限りキャッシングの支払いにクレジットカードを使う事は、影響はありません。ショッピング枠が小さくなるとか、利用停止にされるという事はまず、ないです。
支払い日(引き落とし日)に、引き落とされる指定口座に入金されていれば問題なく利用可能です。

キャッシング枠について

キャッシング枠については、少し注意が必要です。
クレジットカードのキャッシング枠が小さくなる場合や、新たにクレジットカード申し込みをしたとき、キャッシング枠が0円になる事があります。

 

なぜ、こういうことが起こるのか?というと、
クレジットカードのキャッシング枠は、キャッシング業者の扱うキャッシングと同じく、「貸金業法」という法律の規制対象になっているからです。

 

クレジットカードのキャッシング枠は、キャッシング業者からの融資と同じく、「信用保証情報」の記録が残されています。貸金業法には、「総量規制」というルールがあり、「キャッシングで借りている総額が、年収の三分の一を超えてはいけない。」という決まりになっています。

 

ですから、もし、キャッシング業者から相当額を借りたとすると、クレジットカードのキャッシング枠は、総量規制に沿って、年収の三分の一に収まるようにするために、枠を小さくするか、0円にしなくてはならなくなるというわけですね。

 

ただし、総量規制の計算基礎になる、「年収」が上昇した場合は、適切な所得証明を行えば、キャッシング枠が大きくなるという場合もあり得ます。