クレジットカードを複数枚持っているとキャッシングの審査に通りずらい? | 【今大人気】お金を安く借りるキャッシング方法を徹底検証

クレジットカードを複数枚持っているとキャッシングの審査に通りずらい?

インターネットを利用した、オンラインショッピングやオークション、通信販売など、キャッシュレス決済に便利なクレジットカード。公共料金の支払いや、ガソリンスタンド、コンビニエンスストアでの利用も、日常的に行われるようになりました。クレジットカードの利用でポイントバックがあることも人気の理由です。

 

こうしたクレジットカードには、キャッシング機能が着いているものも多いですね。そのためでしょうか、「クレジットカードをたくさん持っていると、新たなキャッシングが利用できなくなるらしい。」という話も時折耳にします。

 

はたして、この話は本当なのでしょうか?
このページでは、クレジットカードを複数枚持っている場合のキャッシングの利用にどのような影響があるか、ご紹介したいと思います。

キャッシングの審査への影響

クレジットカードを複数持っているというだけの利用で、キャッシングの審査が不利になるという事はない、と言われています。
何枚かのクレジットカードをショッピングで並行利用していたとしても、支払の遅延がなく、キャッシング機能も利用していないという事であれば、それだけで即、審査に落ちる理由にはなりません。
クレジットカードのショッピング枠は貸金業法の規制対象になっていませんし、支払いの状況も良好であれば、問題視されることはないです。

 

ただし、クレジットカードのキャッシングを利用していた場合、その金額分は、総量規制の対象になります。ですから、新たな貸し付けを申し込んだときに、既に借りていた分の金額が大きいと、希望する額の貸付は受けられなくなる可能性はあります。

 

もし、複数のクレジットカードからキャッシングを利用していて、頻繁に滞納をくりかえしていたり、ショッピングの支払いの返済を何か月にもわたって滞らせていた場合は、問題です。
滞納の事実は信用保証情報に記録されて、新たなキャッシングには非常に不利な情報になります。この場合は、おそらく、新たなキャッシングを申し込んでも、審査を通過することは難しいと思います。

住宅ローンなどの大きなローンを組む時の影響

キャッシングとは別に、住宅ローンの場合は、クレジットカードのキャッシング枠が大きすぎたり、複数、キャッシングができるクレジットカードを持っていると、不利になるということは良く知られています。これは、クレジットカードのキャッシング枠が、そのまま、既存の借入として扱われてしまうためです

 

住宅ローンを検討する場合は、クレジットカードを整理して、使わないものは返還するか、キャッシング枠をゼロにするなどの処置をしたほうが良いでしょう。