銀行系・消費者金融・信販系のキャッシングの違いとは? | 【今大人気】お金を安く借りるキャッシング方法を徹底検証

銀行系・消費者金融・信販系のキャッシングの違いとは?

一口にまとめて「キャッシング業者」と呼びますが、その経営母体によって、系列があることをご存知でしょうか?
同じような現金貸し付けを行としていても、経営母体によって、キャッシング業者は大きく3つの系列に分けられます。

 

銀行系

消費者金融系

信販系

の3つです。

 

それぞれの特徴を簡単にまとめてみてみました。

銀行系の魅力は「低金利」

ネットバンクや大手銀行が株主や系列会社となっているタイプです。銀行が母体なので、全般的に実金利が低めという特徴があります。また、ノーローンやレイクなどに見られるような「金利無料サービス」が充実しているところもみられます。経営自体の安心感も大きいですね。銀行が母体のため、審査はやや厳しめな印象です。収入が安定しているなどの条件がそろわないと誰でも借りられると言う訳にはいきません。

消費者金融は「スピード」と「審査」が魅力

アコムをはじめ、貸金業法改正以前から消費者金融業者として経営を行ってきた老舗が多いです。良くも悪くも老舗ですから、貸金業に関するノウハウが充実しており、貸付までの決済スピードが速いことは利点でしょう。また、銀行系と比較すると、審査は、ゆるめの印象があります。アルバイトやパートでも、一定以上の収入があれば、審査をパスできることが多いです。一方で、女性にはやや敷居が高いという印象があるようで、女性の利用者はこれから増えていくと見られています。

信販系は各社ごとの「独自サービス」が魅力

信販系はクレジットカード会社が提供するキャッシングです。「銀行系は審査が通らないし、消費者金融は抵抗がある」という利用者が多く、主婦層に人気が高いのも特徴の一つです。ほぼ、全ての信販系キャッシングではポイントサービスが付帯しているのも特徴の一つでしょう。また、女性に嬉しい、会員割引特典など、日々の食材や衣料品などの購入にもお得なサービスが提供されているところもあります。買い物ついでに、特設会場で申し込んで会員特典を利用し始め、のちにクレジットやキャッシングも、といった形に移行していく人も多いようです。審査は消費者金融同等か、それ以上に通りやすいところもあるようです。