元金均等払いと元利均等払いの違いとは? | 【今大人気】お金を安く借りるキャッシング方法を徹底検証

元金均等払いと元利均等払いの違いとは?

 

キャッシングした際の支払い方法は、カード会社によって違います。
一般的には、スライド方式やリボ払い(=リボルディング払い)を採用しているカード会社が多いようです。
リボ払いは、多くの人が知っている支払い方法ですがリボ払いにも、『元金均等払い』と『元利均等払い』があるのです。

 

では、この2つの、『元金均等払い』と『元利均等払い』の違いを説明していきます。


『元金均等払い』は、借りた元金を支払う金額や回数を決めその金額、回数に利息を加えた金額を支払う方法です。
『元利均等払い』は、借りた元金に対して毎月支払う金額を決めその中で利息を支払う方法です。

 

文章のみだと、分かりずらいので実際どのような計算をするのか数値を使ってシュミレーションをしたいと思います。
今回は、両社とも仮に10万円キャッシングしたとし、利息についてはどちらも15%、支払い金額は1万円とします。

 

初めに、『元金均等払い』です。
「借入残高×15%=年利÷365=1日分の金利×返済までの日数」
1回目(借り入れから初回返済までを30日とします)
同じく上記の式に当てはめて利息を算出します。
100,000円×15%=15,000円÷365×30=1,232円
10,000円+1,232円=11,232円
11,232円を1回目に返済します。

 

2回目は残り90,000円×15%=13,500円÷365×30=1,109円
10,000円+1,109円=11,109円を2回目に返済します。

 

『元金均等払い』のメリットは、毎月借りたお金(=元金)に対して支払う金額が決まっているので、借りたお金が毎月同じように減っていき支払う回数が把握できます。
このシュミレーションだと、10回支払えば全額返済可能なります。

 

デメリットは、借りた金額(=元金)により毎月の支払い金額が変わる為、借りた最初の月の利息が高く支払う負担が多くなってしまいます。

 

 

次に、『元利均等払い』です。
「借入残高×15%=年利÷365=1日分の金利×返済までの日数」
1回目(借り入れから初回返済までを30日とします)
上記の式に当てはめて利息を算出します。
100,000円×15%=15,000円÷365×30=1,232円
1回目に支払う利息金額は、1,232円となり、
10,000円−1,232円=8,768円が、借りたお金(=元金)の支払い金額になります。

 

1回目返済は利息1,232円、元金8,768円となります。

 

2回目は、借りたお金(=元金)100,000円−1回目に支払ったお金8,768円=借入残高が91,232円となり、
91,232円×15%÷365×30=1,124円
2回目に支払う利息金額は、1,124円となり、
10,000円−1,124円=8,876円が、借りたお金(=元金)の支払い金額になります。

 

2回目返済は利息1,124円、元金8,876円となります。

 

『元利金等払いのメリット』は、毎月一定の金額を支払う為、財布の負担が少なくてすみます。

 

デメリットは、初めの方支払いは、借りたお金(=元金)が多い為、利息分に支払う金額が多く借りたお金の支払いが少なくなってしまいます。
※回数を重ねる事に、借りたお金(=元金)が少なくなっていくので利息も減り、借りたお金に対する支払いの割合が増えてきます。
支払い回数を把握するのが難しいです。

 

 

たったこれだけの支払い方法で、どれぐらい違ってるのかということがたっぷりご理解頂けたことと思います。
元利均等は元金均等と比較すると、元金の支払い方が緩やかとなり支払う回数や金額が多くなるというデメリットがあります。
しかし、1回の引き落しが小さな額で済むといった長所というものもあるので、あなたに合った支払い方法を選ぶようにしましょう!