キャッシングの申込みの仕方 | 【今大人気】お金を安く借りるキャッシング方法を徹底検証

キャッシングの申込みの仕方

『キャッシングを利用したい』となると、まず最初に行うのは「申込」になります。
審査とか、色々聞くし、何だか難しそう、なんてイメージがるようですが、キャッシングの申し込みそのものは全く難しいものではありません。むしろ、拍子抜けするくらい簡単に終わった、という人の方が多いです。

 

キャッシングの申し込みには、いくつか方法があります。
それぞれの特徴を詳しく説明していきます。

オンライン申し込み

パソコンや携帯電話、スマホから、インターネット回線を通じて申し込みを行う方法です。キャッシング業者の公式ホームページにアクセスして、申し込みボタンをクリックし、後は、指示に従って必要事項を入力することで完了します。

 

24時間、どこでもネットさえ使えれば申し込みができ、更に即日融資などでは最短時間で融資が受けられるという利点もあります。申込金額が50万円を超える場合は、審査が二段階になり、書類送付などが必要になる場合があります。人と顔を合わせたり、直接話をしなくて済むので、気楽に申し込みができる、という意見もあります。

無人契約機

街頭に設置されている無人契約機による申し込みです。直接対面ではありませんが、カメラを介して指示を受けて入力を行い、申し込みをします。最寄に無人契約機がない場合は、出向いて行かなくてはならないという点は、店頭と変わりませんが、すぐ現金が入ることや、取扱時間が長いことが魅力です。オンライン申込みをしてから無人契約機でキャッシング手続きをすると、スムーズな借入れができます。

電話申し込み

オンライン申し込みがスタートするまでは、最も多かった申し込み方法です。フリーダイヤルで電話をし、オペレーターの質問に答える形で申し込みを行い、お金は指定銀行に振り込んでもらう方法です。
電話が苦手という方には不向きですが、疑問点に回答してもらえること、取扱時間が朝9時から夜9時くらいまでと、比較的長いのと、ネットや無人契約機が使えないときには便利です。

郵送申し込み

融資申込書を入手して、郵送することで申し込みをする方法です。通常、申込書は店頭に取りに行くか、電話で請求して送ってもらわなくてはならないので、時間がかかります。届いてから融資が決まるまでにかかる時間がはっきりしないので、急を要するときには不向きです。方法としては残っていますが、ほとんど利用されることはないようです。

店頭申し込み

キャッシング業者の支店に出向いて、その場で申込書を作成する方法。
細かい質問などができるという利点はありますが、支店がそばにない時は、かえって大変です。近年は無店舗型のネットバンクなども増加してきている背景から、実質的に行っていないキャッシング業者さんも出てきています

 

 

それぞれに一長一短がありますが現在主流になっているのがオンライン申し込みで、店頭という方法は、業者さんによっては実質的にやっていないところもあるようです。

 

いずれの方法も、本人確認や収入証明などが必要になる場合は、別途FAXか郵送で、送る必要が出てくることは、頭に入れておくとよいでしょう。